書評

尾木ママの「凹まない」生き方論 がおすすめな理由 がんばれより愛してる

今回は、有名な教育評論家「尾木ママ」の本を紹介したいと思います。

子育ては、楽しいこともたくさんありますが、悩みは尽きませんよね。

私も小5、小3、年長の子育てをしていますが、毎日、悩みや葛藤の連続です。

私は、行き詰った時は、読書をするようにしており、まだ、まだ少ないですが、年間200冊読んでいます。

その中でも尾木ママの「凹まない」生き方論 おすすめな理由は、

尾木ママのおねえ言葉の語り口で書かれているのでとても読みやすく、

リアルな体験談や私でもできるような実践しやすい事柄が記載されているので、

とても元気がでて、子育てや人生に前向きに慣れることです。

ストレフフリーな生活をされている尾木ママの著作本、尾木ママの「凹まない」生き方論は悩める父母に寄り添ってくれること間違いなしです。

尾木ママの「凹まない」生き方論 オススメです。

created by Rinker
¥523
(2019/11/16 13:22:12時点 楽天市場調べ-詳細)

尾木ママの”がんばれ!”よりも「そっと寄り添う」こと

がんばれ!の言葉は無責任?!

日常的に、私たちは、「がんばって!」と掛け声のようにエールを送っています。

尾木ママは「尾木ママの凹まない子育て論」の本の中で「がんばれ」という言葉についてこのようにお話しされています。

「仕事、がんばれよ!」

「来週のテストがんばって!」

“がんばれ”は、誰もが日常的に使う言葉です。ママたちや学校の先生、会社の上司の代表的な口グセでもあるわね。

廊下ですれ違いざまに、

「部活がんばって!」

今で洗い物をしながら、

「勉強がんばってるの?」

そんなふうに言われたり、言ったりしたこと、きっと誰でもあるわよね。

でも、ちょっと待って!!

何気なく口にした「がんばれ」この「がんばれ」という言葉に、ボクは違和感を感じているんです。

引用:尾木ママの凹まない生き方論

私も「がんばれ」「がんばって」の言葉について、ふと考えてみました。

実際に私も子どもにはよく「がんばって」「がんばろう」と励ましていました。

尾木ママの「ちょっと待って!!」の言葉にドキッとしました。

こうも続いています。

苦しんだり弱ったりしている相手に向かって「がんばって」と言葉をげかけるのは、

「もっともっと努力して、我を張って声を枯らして主張してくださいね。」と

言っていることと同じなの。

自分自身が対策や、いまできることを考えもしないで、

相手に「あとは自分で何とかしてね」と、

投げっぱなし任せっきり ということなのね。

努し続けることを 無責任に押し付けているんです。

引用:尾木ママの凹まない生き方論

 

もう少し本を読み進めてみると、尾木ママの感動的な答えが書いてありましたよ!

がんばれの言葉よりも愛してるよ

「がんばれ」という言葉がいまの日本のではなんの意味も持たない無責任な言葉、使い勝手のいい言葉として、いたるところで使われてしまっているからなのね。

2011年、ボクが韓国の中学校へ視察に行ったときのこと。もうビックリしちゃった!

先生たちが廊下で生徒にすれ違うたびに、

「愛してるよ」

って声をかけているじゃない!

すると、どの生徒も

「ありがとう」と返す。そして先生に向かって

「愛してます」

お互いが寄り添って、敬いあい、挨拶がただの掛け声ではなく、心と心を触れ合わせているのを垣間見ると、

「日本の子どもの学力が韓国に抜かされてしまうというのもわかるわ・・・」

日本の学校の「がんばっているか!」とは大違いでしょう?

「がんばれ」なんて必要ないんです。

「見守っているからね」

「うん!ありがとう」

そんな安心感の中から、子どもは自己決定で”がんばろう”

と思うんです。

引用:尾木ママの凹まない生き方論

挨拶代わりに「愛してる」と言葉をかけあうなんて、すごく素敵ですよね。

すごく衝撃的でした!!

私、振り返ってみたんです。ハッっと気が付きました。

私自身、今でも自分の母親に「がんばれ」と言われると、心に何かつまりがんばろうと踏み出せないことを。

もう十分にがんばっているんですよね。必死に、現実と向き合い、子どもを立派に育てよう。と必死に今をがんばっているんです。

「がんばれ」という言葉は、言葉を掛ける方は、気分が良いけど、「がんばれ」言われると、余計に追い詰めてしまうこともあるんですね。だってもうがんばっているんですから。

上記の

「日本の子どもの学力が韓国に抜かされてしまうということ」について、とても納得しました。

がんばれ!!がんばれ!!と言われるより、

「愛してるわ。見守っているからね」と言われる方が、安心感の中で自分から

やる気スイッチが押せるんですね。間違いないです!!

感動でした!!目からウロコです。尾木ママ視点がさすがです!!

created by Rinker
¥523
(2019/11/16 13:22:12時点 楽天市場調べ-詳細)

尾木ママが教えてくれた「愛してる」の言葉かけを実践

中学受験をする長女に「愛してる」を実践

塾から帰宅した娘にさっそく、なんの前触れもなく

「ねえねえ、愛してるよ」声掛けをしました。

すると、娘は溢れんばかりの笑顔を見せてくれました。

娘の方から

「なあに、急に」と嬉しそうに、抱きついてきました。

本当に嬉しそうでした。

母の言葉かけは子どもの心に大きく影響するとは知っていましたが、実感しました。

尾木ママの「凹まない」生き方論がおすすめな理由は

このように実践したことが子育てや生き方のプラスになるところです!!

「がんばれ、がんばれ」と励ますよりも「愛してるよ。いつもも見守っているよ」の声掛けの方が絶対に子どもは学力も伸び、豊かな心が育つ!

 オススメの本 尾木ママの「凹まない」生き方論のまとめ

尾木ママの本は、本当に素晴らしいです。

ご自身の教育経験を持ち入りながら、世の中のお母さんお父さん子どもたちの幸せを願っていることが、尾木ママの本を読んでいると伝わってきます。

「がんばれ」の言葉よりも「愛してる」。

我が家では、今後も「愛してる」の声掛けの実践していきたいと思います。

子育てに生きづまったり、生き方に行きづまったら

尾木ママの「凹まない生き方論」本当におすすめです。

created by Rinker
¥523
(2019/11/16 13:22:12時点 楽天市場調べ-詳細)