小学校受験

小学校受験 入試2ヶ月前の我が家の過ごし方

いよいよ小学校受験入試2か月を切りました。

夏休みも全力でやりきり、本番までに燃え尽きてしまいそうです。

入試前の2カ月をどう過ごしていくか、合格という結果に結びつけるためにどう取り組んでいくか。悩んでいるお母さんも多いのではないでしょうか。

あるA先輩ママさんは

ここまで全力でやりきってきたから、入試直前はやりすぎない方がいいよ

とアドバイスをしてくれました。その方のお子さんは、見事人気校の志望校に合格されました。

最後はリラックス派のご家庭です。

 

 

また、ある塾の先生の話によると

入試前日まで気を抜かず、最後の最後まで、親子共に合格へのモチベーションを上げていくことが合格の道

とおっしゃっていました。

こちらのご家庭は最後の最後まで気を抜かない派ですね。

我が家も11月に私立校を受験するにあたり、年中の春頃から、徐々に準備をしてきました。

夏休みも、家族一丸となり、小学校受験に向けて頑張ってきました。

この最後の2カ月をどう過ごしていくかが小学校受験の勝敗の分かれ道のような気がして、悩みに悩みました。

今回は、我が家の入試2カ月前の過ごし方、取り組み方をご紹介したいと思います。

ちなみに我が家は、

最後の最後まで気を抜かずに全力で走り抜きつつ、毎日の中にリラックスも取り入れていくことにしました。

もしよかったら、お付き合いくださいませ。

小学校受験対策 毎日いかなる時もペーパー30枚

年中の3月から、毎日毎日ペーパー30枚をやってきました。

朝15枚夜15枚など。時間を決め、枚数を決め続けてきました。

身の丈までの高さになるまで頑張ろうと毎日積み上げモチベーションを上げています。

こちらの合格ワークは、切り取ることが出来るので、コピーに最適です。

何度も何度も取り組むことが出来、苦手克服にぴったり。

標準レベルとハイレベルに分かれているため、子どものレベルに合わせることが出来ます。

小学校受験対策で子どもの機嫌が悪いときは

娘もコンディションが悪いときもやはりあります。機嫌の悪いときもあります。

その時はアロマを炊いたり、音楽を掛けリラックスさせたりと、工夫に工夫をしてきました。

集中力を高めるには「オレンジ」のアロマ

 

ペーパーも、数を数えるものばかりだと飽きてきます。疲れます。

なので、合間に、楽しく説くことができ、正答率の高い、常識問題もはさみながらやってきました。

小学校受験対策で子どもの心を掴む工夫は

もう2カ月前です。レベルアップ問題はやっていません。

復習、復習、反復、反復です。

過去問

塾の復習プリント

とにかく繰り返します。

もうケアレスミスがあっても、目をつむり、大きな花丸を付けています。

しかし、ケアレスミスを見逃すわけにはいきません。

ケアレスミスの1点が、合不合を決めてしまうかもしれませんよね。

なので、ケアレスミスをした、ペーパーは、その日中は、翌日にもう一度やってみます。

取り組む前に、「間違えないためにはどうする?」と説き方の方法を確認して、「間違えないように慎重にね。と意識を持たせてやらせています。

とにかく、怒らないようにしています。

怒ると機嫌が悪くなり、効率が最高に悪くなります。

子どもを怒らないこと。小さいミスはあえて指摘せず、時間をおいてもう一度取り組む

スタンプで子どもの心を掴み、小学校受験を勝つ

我が家で取り入れているには、スタンプ。

手作りポイントカード。

あと何枚で終わりかが、目で見て確認できるので、本人もモチベーションを崩さずにできるようです。

もう少し早く取り入れておけばよかった・・・

スタンプ作戦は楽しみながらできるのでおすすめです。

 

スタンプ以外でも、シールでもいいですよね。

 

小学校受験 合格には面接練習が必須

我が家の志望校は、面接がとても大事と言われています。

会話力が大切だと言われました。

我が家も毎日毎日練習しています。

面接練習10質問

目を見て答える。

すぐ答える。

我が家の、すぐに答えが出てこない時の秘策は

「今、考えてますのでちょっと待っていてください」と言ったり、

答えが出てこないからと言って、ボーっとしないこと!!「うーーんと、えーーーっと」と考える!!

もし、質問を忘れてしまっても慌てない。黙らない。「もう一度いってください」とお話しする。

面接練習は本当に苦戦しました。

1年かけて毎日毎日やってきました。

面接に関しては、仕上がった!という感覚。

あとは本番を迎えるだけというところまできました。

面接は会話力。とにかく話す特訓!!

小学校受験 詰め込みすぎは危険

私が、大変リスペクトしている、TSUBASA通信教育の高橋先生は、Youtubeラジオの中でも、「朝から晩まで、ペーパーペーパーではいけないとおっしゃっていました。」

「一日の中で没頭して好きなことに取り組む時間がないと子どもはもたない」

「ボクサーも一日中トレーニングをしているわけでない」と。

リラックスの時間や、ボーっとすることで、より一層充実した勉強になるんですね。しっかり遊ぶことも大切!!

小学校受験2か月前 タイムスケジュール

6時 起床

7:00 読書&読み聞かせ

7:30〜8:30まで朝学習

8:40 幼稚園へ

14:30帰宅

15:00 昼寝

~自由時間(お風呂、ご飯、歯磨きもこのじかんで)~

19:30〜20:30夜学習

21:30就寝

夏休みから、昼寝の習慣がついてしまいました。が

昼寝をすることで、夜学習がとてもスムーズになりました。

小学校受験 入試2ヶ月前の過ごし方の最後に

9月に入ると本人もスイッチが入ってきました!

毎日、自信がつくように励ましの声かけもしてきました。

年中の春から親子で対策をしてきました。後2ヶ月で、勝負が決まると思うと、リラックスはしてられません。

ご家族の中には、ここまで全力で走ってきた、最後はリラックスして臨むという考え方のご家庭もあると思います。

もちろん、その考え方を否定しているわけではないですよ。

私も悩みました。この2ヶ月どう過ごすのが、ベストなのか。

どう過ごせば、本番で全ての力が出るのか。

考え抜きだした答えは

ルーティンは今まで通り

過去問、塾の復習を中心に行う

1日の中に集中して遊べる時間をつくる

日曜日は家族で過ごし、遊びを取り入れる。

やるんだ!がんばるんだという気持ちを忘れない。

時には、エイエイオー!!とコールもしたりしています。

幼児でも合格したい!という、その気持ちがあるんですよね。5歳の中にもしっかりとした思いがあるんですよね。

 

その意気込みを面接でも出したい!!キラっとしたオーラを出したいですよね。

我が家はそんな思いから、

最後の最後まで気を抜かずに全力で走り抜きつつ、毎日の中にリラックスも取り入れていくことにしました。

以上が、我が家の小学校受験 入試2ヶ月前の過ごし方でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【小学校受験】合格までのお勉強習慣の付け方小学校受験で避けて通れないのが、ペーパー学習ですよね。 点数やスピードが目に見えるので、一番気になるのがペーパー学習です。 ...